読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30年間泣いていた

発達障害者が生きにくい社会についての考察や時事問題、自分&他のケース、独り言など

発達宣言

30年間誰も助けてくれなかったし、

誰も気づいてくれなかったし、

これからの自由も保証しません

 

 

お金さえあれば

もっと早く診断されていれば

履歴書に年齢を書かせない国だったらば

私は私として生きられたのかもしれません

 

ある人は個人の責任だと言い

ある人はやる気がないからだと言い

ある人は要領が悪いと言う

 

このような根性論が横溢する世論に対して

私ができるのは

このブログの上でのささやかな抵抗だけ

 

今から障害者として扱うのならば、私は自分を障害者と認めない

今から働けというのならば、働かずに抵抗する

 すべてが遅すぎる

 

 

私は日本人ですが

職場にしろ生き方にしろ迫害し続けた

この国と人々への恨みを一生忘れません