30年間泣いていた<発達障害雇用前線>

発達障害者雇用で就労する筆者が、発達障害者が生きにくい社会についての考察や時事問題、自分&他のケース、独り言などをまとめました

<発達障害者雇用で働く筆者が、
発達障害者が生きにくい社会についての考察や時事問題、
自分&他のケース、独り言などをまとめました

ダイバーシティ時代の職業ヒエラルキー(障害者雇用たこ、派遣社員に睨まれる)

※長文です

 

こんばんは、発達障害持ちで精神障害枠で働くたこです。

身分はアルバイト、時給は神奈川県最低賃金の930円で見込み年収96万円です(枕詞)

 

職場で10年以上働いてるのに正社員になれないアラフォー派遣社員の方がいるのですが、自分を売り込もうと必死なのか、何かにつけて私と比較して職員に言いふらしてマウンティングしてくるので、最近それがいやなのもあって会社に行きたくありません。

(しかし某うつ病ブロガーしかり、なんで女ってマウンティングすることでしか優位性を保てないのだろう…)

 

今回は、職員10名程度の職場でも生まれるこうした現代ヒエラルキーをわかりやすく見てみましょう。

 

 

職場の構図

 

f:id:htt2415:20170608091812p:plain

90年代までは非常にフラットな終身雇用&年功序列で、みんなそこそこお金をもらって暮らしていました。

年功序列はわかりやすい年齢階層によるピラミッドでした。

 

 

 

 

バブル崩壊後、派遣規制緩和解禁。

ここに派遣が加わりました。この時の最底辺が派遣社員です。

 

 

年末を越せない派遣切りの人のための年越し村なんてのもありました。 

 

派遣村 国を動かした6日間

派遣村 国を動かした6日間

 

 

2017年版・新会社ヒエラルキー誕生

 

 

f:id:htt2415:20170608091756p:plain

 

 

そこへ、私のような障害者雇用の人間が加わりました。私は「ポスト障害者雇用後の雇用体型ヒエラルキー」と名付けたのですが、

地上の最底辺の労働ヒエラルキーにいるのが障害者雇用の人間です。

 

 

 

人並みに就労できないのが障害雇用なのに…派遣ににらまれる

 

母は、「どうせどんなに頑張ったって同じになんか見られないんだから、社員にライバル視されなくていいのよ」と言ってくれますが、階層が近い派遣おばさんにはマウンティング対象になってしまい、正社員になれないはけ口として、色々マウンティングされています。

 

 

 

思い当たること

派遣社員に睨まれる経緯として思い当たることといえば、その派遣が社食を使えないのを知らなくて、社食を使ってしまったことがある。

(でも、こちらから言わせていただけばそれは知らなかったし、私だって非正規なので、正社員が使えるのに使えないサービスが色々ある。)

 

 

 通院問題にしても、社員も私用でたまに抜けたりしているのを見ていたし、この派遣社員のようにひどい風邪なのに無理してフルタイムで会社に来て、周りの主要社員2、3人に感染させてダウンさせるようなこともしたくないし、周りに「大丈夫ですか?」と余計な心配もかけさせたくないのである。

 

最近ではなりふり構わなくなってきたようで、「 ほら、私って派遣社員だからさ…」「派遣だけど私の仕事はすごい、普通の派遣はここまでやらない」とか、

御涙頂戴エピソード披露までしてくる。昼休憩でみんなで食べてる時にすごくたくさんしてくるので、もうウンザリ。 

あと、きちんとしたビジネスパーソンはそういう他人や自分を卑下するような話を公共の話題として出さない。

正社員と派遣社員に格差がある制度が問題なのに、なぜ格下の障害枠に当たるんだろう。

 

職種棲み分け&ダイバーシティを理解しない人がいると大変
 

しかし、こういう事でしか自分の存在意義を保てない人って、よほど切羽詰まってるのか、心の美意識が皆無なのか…なんかもう、心様が醜いんだよなあ。

 

正社員は大体私の給料も待遇も知ってるし、注意する責任があるのは管理職だ。

管理職も問題があったらきちんとその部分は教えてくれるし、私も自分の体調のことはなるべく報告をしている。

 

派遣社員も同じ職場意識を持って職場で働くべき労働者なのに、同僚(発達障害枠)の足を引っ張って蹴落として自分がのし上がろうとしてる時点で、最近言われる「ダイバーシティ型」や「チーム型」の企業労働を全否定している。

彼女が追い込まれたアラフォー派遣社員(独身)ということを考慮すると、もうなりふり構わずそうでもしないと、将来が不安なのかもしれないし、実際言わないと正社員には非正規との格差なんてわかんないと思う。


 

 

 

 

 

 

障害者枠ってなんなの?

障害者枠は棲み分けされてると思ったら意外とされてないんだよ現実は。

派遣社員も病気で正社員やれなくて苦しいのはわかるけど、これだけ賃金も何もかもが違いすぎる障害枠と比較されても困る。

あと、 苦しい境遇は同じだと思うのですが、他人をdisってマウントしようとする人は職場にいるといやだなあ。

 

他にも、ほかの社員の前で私を遠回しにdisったり、飲み会で一緒になった職場の一番偉い人に「(私は障害枠のあの子より)これだけ頑張っている」アピールをしたり、私がいかに出来ない子か印象づけて、その相対差で自分を優位に見せようと頑張ってるみたいである。

 

たこはそれを見ていて「うわぁ…」とドン引きしているのですが、別に職場の誰に言ったところでどうなるわけでもないので、借りてきた猫のまま黙っておりますが…

 

障害枠とは一体何だったのか…。

 

*2017年6月9日追記

発達障害者のための障害年金受給拡大署名にご協力と署名をお願いします。

キャンペーン · 厚生労働省: 軽度含めた発達障害者への障害年金の拡充を! · Change.org
change.orgへ飛びます

  

 

 

 

ダイバーシティ・マネジメント入門

ダイバーシティ・マネジメント入門

 

 

 

 

真のダイバーシティをめざして―特権に無自覚なマジョリティのための社会的公正教育

真のダイバーシティをめざして―特権に無自覚なマジョリティのための社会的公正教育

 

 

 

 

 

当ブログの画像・文章の転載を禁じます(はてなブログによる引用を除く)